キャッシングを続けていると「限度額がふやせたらなぁ」と思う事があります。
利用限度額を増額する事は可能ですが、新規申込みの時と同じく審査があり、審査に通らなければ増額できません

 

「アコム」は半年に一度、現在利用している方を対象に、限度額を増額できるかどうかの審査を行っています。この審査は、あなたが増額を希望しようがしまいが「アコム」側で勝手に行われるもので、合格すればアコムから増額案内の連絡があります。

 

アコムでの増額を希望している、アコムの増額審査に通らなかった、という方はぜひ読んでみてください。少しでも審査基準がわかれば、通るために何をしたらよいかが解るはずです。

 

審査でチェックしているところ

まず増額審査を受けるためには一定の条件をクリアしていなければなりません。

  1. ひとつは初回の契約時から半年以上経過している。
  2. もう一点は、初回の借入時から一度も滞納や延滞を起こしていない。

と言うのが最低条件になります。

 

増額審査は、一般の審査と同様にコンピューターを使って、個人情報や信用情報、返済実績などをスコアリングしていきます。それぞれ点数を付けていきます。その結果、一つでも基準を満たしていない場合は不合格になります。

 

個人情報の勤務先や保険に関する情報、住宅情報や年収などがチェックされますが、この情報はあまり重要ではありません。

 

信用情報で大事なのが他社借入件数と借入金額、事故情報が有るかないかという事で、他社借入件数と借入金額、今まで事故を起こした事があるかないかをチェックします。延滞や遅延、債務整理などが有ればまず増額審査は通りません。

 

他社借入金額が年収の3分の1近くまたは、増額で超える場合は審査に通ることはありません。また、他社借り入れ件数に関しては4件以上借りていると対象から外されますので、それ以下になるように完済して契約解除をしておく必要があります。

 

 

場合によっては返済能力も調査対象になる

返済能力調査は自動計算によって対象になる人を選出します。

 

たとえば、月収から予想される生活費とアコムはもちろんその他のローンの返済額を引いた結果、「余裕がない」という結果になると返済能力調査の対象となります。

 

つまり、返済能力に不安のある人が対象になります。

 

 

おおむね300万円以上、年収があれば、まず問題ないと言うところですが、年収200万円以下の場合は調査対象になることが多いようです。

 

返済能力調査では何が問われる?

 

増額付加となる場合は、アコムでは融資限度額×3%を上回っていると増額出来ません。

 

例えば、住宅ローンやその他の借入残高が1,000万円あり、増額後の限度額を100万円希望したとすると、(1,000万円+100万円)×3%=33万円となるので、月収が33万円以下の場合は審査は中止となり落とされてしまいます。

 

審査に通過した場合でも「毎月の返済額がいくらまで可能ですか?」と聞かれることがあります。これは、コンピューターの計算ではわからない収支をヒアリングする事で、より具体的な返済能力を調べる為で、特にパートやアルバイトの方は、このヒアリングで落とされる事が多いので、前もってどう答えるかを考えておく必要があります。

 

収入証明書類が必要になる事もある

アコムは消費者金融なので、融資限度額が50万円を超える場合や、他社借入があり、その借入残高の合計が100万円を超える場合は、収入証明の提出を求められます。

 

増額申請でこの条件が当てはまる場合は収入証明書類(源泉徴収票、給与明細、住民税特別税額決定通知書、所得証明書など)を用意しておく必要があります。

 

増額後に限度額が下げられたり、利用停止になったりする場合がある

「融資金額が10万円を越える場合は、総量規制に抵触していないかを、3カ月に1度確認しなければならない」と法律が有るので、アコムは増額審査の通過した後でも、他社での利用状況は常にチェックしていると思ってください。

 

増額後、他社借入れが増えたり、収入が減ったことで総量規制に違反しているとわかった場合は、利用限度額を減らされたり、借入れが出来なくなる事があります。

 

また、契約時に収入証明書を提出した場合は、その後も定期的に最新の収入証明書の提示を求められ、これに応じないと、利用限度額を減らされたり、借入れを停止されたりするので注意が必要です。

 

増額以外の方法を考える

このように、アコムから増額の案内が有る事以外、自分から増額申請する事は、かなりハードルが高くなります。現在の限度額で足りないようでしたら、増額申請以外にも限度額を増やす方法はあります。

 

たとえば、他社へ新たな借入をする事もひとつの方法で、特に銀行カードローンは積極的に融資を行っていますので、新たな借入先として銀行カードローンで借りるのもひとつの選択肢と言えます。